今日からここから〜旧正月〜

今日は、旧暦のお正月です。
中国では「春節」といって、一年の中でとてもたいせつにされています。
けれどこの旧暦、日本でも明治のはじめまで使われていました。
「暦」も中国から伝わったものなんですねー。


旧歴は、月の満ち欠けや 続きを読む

投稿日: 2020年1月25日 カテゴリー: 暮らし

簡単手づくり!満足のおいしさ!中華まん風

今日は大寒。
一年の中で一番寒い日…というんだけれど。暖かい日になりました。
なんだか、お饅頭を作りたくなったので、肉まん風を作りました。
昔はよく作ったものだけれど…最近はサボっちゃって(笑)。
具材には、大根葉、椎茸、あまり野菜の炒め物を入れました。


自分で作ってみると 続きを読む

今日を元気にするオマジナイの言葉

本棚の隅にみつけた、懐かしいビデオ。
中国嵩山少林寺 釋延平先生に学んでいた頃に制作したもので、今改めて見ると思うこともあるけれど、いいんです。当時のベストを尽くしたので(笑)。自宅で手軽に体を調えられるように功法選びやコメントの思考錯誤も、貴重な経験をさせていただきました。タイミングってあるのよね〜。

ビデオ写真:少林寺で気功指導員をしていた頃

ビデオ写真;少林寺で気功指導員をしていた頃

続きを読む

普段着として、おでかけ着として〜気軽に気楽に着物日和〜

晴れ着、いつの時代もいいものですね。
今年も暗いうちから起きて支度をして、6名の方の着付けをさせていただきました。
一生に一度のことだから、きれいに着させてあげたい…
そう思って、着付けはじめるんだけれど、今のお若い方は、細身な方が多いのでた〜いへん(笑)。
着物の姿は、四角ではなく”まるく”。あっちに詰め物、こっちに詰め物をして、しなやかなラインを出すの。

着ぐずれしにくいように、一人終わると、もうクタクタです(笑)。着付けって、皆さんが思っているよりも体力、使うんです(笑)。でもね、晴れ着の姿を見たら、そんなこと忘れちゃう。着付けをさせていただいて、あ〜よかったって。

着物を着ること。
私自身、そう 続きを読む

投稿日: 2020年1月16日 カテゴリー: 暮らし

「女医が伝える食事と漢方の養生極意」〜2月9日・セミナー紹介〜

王 瑞雲先生(小児科医・漢方医)と鈴木恵里子先生(日本綜合医学会食養指導師)のセミナーの紹介です。

「8歳までの命と言われるほど病弱で、どう生き延びるか、ただそれだけの研究を70年かけてきたんだけれども、このコツを皆様におすそ分けしたいと思っております」と、瑞雲先生。


国立市の閑静な 続きを読む