がんばる女子を支える「スープ」〜女性と健康〜

手軽なお料理”スープ”。
具材によっては、ほてるときには熱を冷まし、冷えるときには温めてくれます。
どんなときでもスーーっと体に染み込んで、ホッとさせてくれる”スープ”。
今夜は、こんな具材にしませんか…

<スープの具材の選び方>
・気力が補って体を調えたいとき:
イモ、豆などホクホクするものをスープに。

イライラしやすいとき:
シソ、春菊、ゆず皮のような香りのあるものを添えてみませんか。
加えるタイミングは、できあがり直前に。煮込むと香りがうすらぎ、その持ち味をいかせなくなってしまいます。

貧血気味、肌荒れ、爪がもろいとき:
カキ、たまご、ほうれん草、クコの実など、鉄分や亜鉛を多く含むもので血力アップにつなげましょう。ビタミンAと組む合わせると吸収しやすくなります。

髪や肌がバサバサ、口が乾きやすいとき:
トマト、オクラ、白木耳、やまいもなど、トロトロするものは体を潤しますよ。

むくみがあるときは:
ハトムギ、ワカメなど海草、小豆で利尿を促しましょう。

病気はないけれど、気力体力がでないとき:
カニ、アサリ、しじみ、スッポンなど。ねっとりしたものを加えて滋養強壮に。