初秋の薬膳メニューと食材作用

昨日、15YAの秋の薬膳茶会を開催しました。
暑さと乾きが同居する初秋の薬膳料理を作って、食べて、和気藹々。

では、今回のメニューと食べ物が持つ作用を少し紹介します。

豚肉スペアリブ・山芋・白木耳スープ

豚肉スペアリブ・山芋・白木耳スープ

豚肉のスペアリブと白木耳、山芋のトロトロスープ。
乾燥を防ぎます。
・長芋蒸:補気
・豚スペアリブ:滋養強壮(老化防止)

梨と杏仁のデザート

梨と杏仁・白木耳のデザート

今が旬の梨と白木耳、杏仁を使ったデザート。
どれも肺を潤すので、暑さを除きます。
残暑が厳しいので、今回は緑豆も使いました。緑豆は暑さをとります。
シロップは、スダチ。体操教室の生徒さんからのおすそ分け。

スズキとカボチャとのサラダと蕎麦クレープ

スズキとカボチャとのサラダと蕎麦クレープ

サラダは、それぞれを蒸してサンザシソースで和えました。
・カボチャ:補気
・スズキ:補気・補血・健脾
・クコ:滋陰
・サンザシ:消化を助ける

蕎麦のクレープ…乾燥するこの季節は、焼くことは控えたいので、しっとりと。
・蕎麦粉:気のめぐりをよくし、胃腸の働きを改善
・豆乳:補陰することで痰を取る。