台湾茶を愉しむ〜女性と暮らし〜

休日の今日は、台湾式でお茶を愉しみました。
お店の中に入ると、お茶の香りに包まれ
小さなかわいらしい茶器たちがお出迎え。

日本の茶道に対して、台湾のお茶は茶芸というそう。
つむ茶葉や発酵、保管の仕方に合わせて淹れ方を変え、香りをたのしみ、味をたのしみ、時をたのしむ…
そんなお茶の楽しみ方もいいですね。

お茶の作法といったものはなくて、
このお茶をおいしくいただくための淹れ方で楽しむのが台湾式。
今日は手軽な愉しみ方を茶坊やお茶やさんに教えていただきました。

<今回の茶器の紹介>
蓋つきの茶壺(ちゃふ)、お茶の味を同じにする茶海、香りを楽しむための口の細い聞香杯、それと飲杯、写真にはないのですが茶壺や飲杯にお湯をかけたり、お湯を流すときに使う茶盤を使いました。

<お茶の淹れ方>
茶葉を茶壺に入れて、95度以上の熱いお湯を茶葉がしたるほどに注ぎ、茶葉の味が湯に移る前に茶盤へ。
こうして茶葉についたホコリやカビなどを洗い流します。
今は、茶葉の製法や管理もよくなっているので、流さなくてもいいようです。
ただ、プーアール茶は3年、5年と保存したお茶なので今でもお湯で洗い流す方が香りをたのしめますし、おいしくいただけるそう。

<香りのたのしみ方と淹れ方>
茶壺にお湯を入れ蓋をして蒸します。蒸し時間も茶葉で異なるそうですが、今日いただいた烏龍茶は3分を目安にお好みでとのこと。(茶葉が開いたら飲みごろです。)

お茶を茶海に移し入れ、聞香杯に注ぐ…といより、サッと通してそのお茶を茶盤に流します。
聞香杯に鼻を近づけると…お茶の香りが鼻からスーーっと入って、体の中で広がって…気がほどよくゆるみ、穏やかな気持ちになりました。

それから茶海から飲杯にお茶を注いで、味をたのしみます。
お湯を追加するときは、茶壺に95度以上のお湯を注ぎ、茶海で味を同じにしてから飲杯に。

日本の一般的な茶葉とは異なり、発酵、半発酵の茶葉の場合は、熱い湯を注ぐことで香りを引き出し、茶葉が開くので香りと味を楽しめるそう。

茶葉によって香りは違いますし、体調によっても好む香りは変わるので”今日のお茶”をたのしみたいですね。

この日のお茶めぐりの様子は、フェイスブックに掲載しましたので、こちらもお楽しみいただければと思います。
★フェイスブックの友達申請をされるときは、15YA健康塾を見たとコメントをいただけるとうれしいです。