子どもの体ケア〜15YA健康サロン/予約制・女性専科〜

15YA健康サロンには、子どもたちも体のケアにいらっしゃいます。
子どもというのは、花のよう。少しみえないうちに、背丈は伸びて、つぼみをいくつもつけて…。
うれしくて、楽しみでもあります。


子どもは、やわらかい心でまわりを見て、感じたり、考えているんだよ…
子どもたちの体は、こんなふうに話かけてきます。
相手を思いやって、自分の本音を言い出せなかったり。
自分の中のモヤモヤに戸惑ったり。
感情が素直に体に現れるのも、やわらかさゆえです。


●今日の参考「感情と体のつながり/薬膳・中医学」
怒り→肝臓を傷める(イライラしやすい・右脇腹が痛む・乾燥する・眠れない、など)
思考→胃腸を傷める(食欲がない・食べられない・気力がわかない・冷える、など)
悲しみ→肺を傷める(気力がでない・すぐ疲れる・風邪をひきやすい、声が小さい、など)
恐怖→腎臓を傷める(落ち着かない/ビクビクそわそわ・トイレが近い・寒がり、など)