小野路散策・あした農場〜女性と暮らし〜

一番星が顔を出すまでには、まだ少しの間がある頃。
なんとなく足を向けた”小野路”。
同じ町(東京)に住みながら、散策したことはなかった場所です。

小野路宿里山交流館は、バス停のすぐのところにありました。
季節の庭をゆっくり楽しむまもなく休憩所に飛び込むと、小野路育ちの野菜、小野路育ちで作ったお菓子やお惣菜がわずかに残っていました。
平日も訪れる人は多いのかな。

お茶をいただきながら小野路散策マップを眺めて一息。
行く方向をなんとなく決めて…

交流館の脇の車一台が通れる坂道をずんずんずん。

出会った第一村人は…黒牛さんたち。

こんにちは。
声をかけると、のしのし、のしのしとやってきて
「モォ〜ウ(おや、どちらからおいでなさったの?)」
黒牛さんと少しお話をして、牧場を後に。

さらに、ずんずん ずんずん。
次に出会ったのは…二匹の羊さん。

ぐるぐる動いて、食べて、眠って…
生きるって、こういうことね。
のびのびとすごすのは、春の養生…羊さんたちはいつもなのかな。

腰を起こして見渡すと、緑にあふれてなんとも気持ちのいいこと。
こんな一面も東京です、

ポニーさんも食事中でした。モシャモシャ モシャモシャ。よく噛むことは消化にいいし、元気のもとです。

振り返り小高いところに目をやると、草や切り木の中に”ハチ小屋”…素敵です。

看板には「あした農場」とあったので、そういうことかしら…?

と、のんびりしていたおかげで、農場主さんにもお会いすることができました。

〜今日の紹介〜
「あした農場」。
農場主は、渡辺恒雄さん(なべつねさん)。
農薬を使わずに、ここでできる方法で、できることをされているそうです。

畑では、のらぼう菜がそろそろおわりを迎え、これからは他の野菜たちで賑やかになるそう。畑のお手伝いさん、募集中です。
(野菜宅配セット/農場体験/楽しいイベントなど)

詳しくは、こちらをどうぞ。
「あした農場」ウェブサイト


降り坂…
これはこれで、楽しい道です。

筍をたーくさんみつけました。子どもたちーは知っているかなぁ。たけのこほ竹の子どもだってこと。

花も木も、鳥たちものびのび暮らしている場所、”小野路”。

15YAイベントで小野路を訪れるのは、そう遠くなさそうです…。

小野路へのアクセル:
小田急線鶴川駅 バス→町田バスセンター行き
「小野路散策ガイドマップ」は、小野路宿里山交流館でいただくことができます。