ラッキョウ漬け、ウメ漬けに忙し嬉しの季節を迎えました。
ラッキョウって、たま~に食べたくなりませんか?
けれど、市販のものは甘すぎて…という方に、自分漬けはおすすめです。
とっても簡単なので、作ってみてください。

 

《らっきょうの選び方》
3~4月に収穫したものは、エシャレットと呼びます。お味噌やドレッシングをつけてシャキシャキを召し上げれ。
ラッキョウ漬けには、もう少し大きく育ったものを選びます。
下漬けをしておけば、甘酢漬け、しょうゆ漬け、いろいろに使えるのでとても便利です。
*ラッキョウは、購入したその日の内に下漬けをすませます。塩は、ラッキョウの成長を止めて腐るのを防ぐ役割があります。減塩しすぎないようにしましょう。

下漬けの材料
泥付きラッキョウ、粗塩の目安(洗って水を切ったラッキョウの2.5%)

下漬けポイント
・ラッキョウの泥を洗い流し水を切ります。
・根っこのかたそうな部分は除きます。芽はそのままでも大丈夫です。
・らっきょうに分量の塩をよくまぶし、ビンなどに移し入れて風通しのよいところに置きます。
・7日~10日ほど置けば臭みがとれます。

本漬け
1)ラッキョウをザルにあけ天日に干します。(下漬けしたラッキョウが塩辛いときは、酢水(酢1:水4)に入れて塩抜きをしてから漬けます。)
2)密閉できるビンなどにラッキョウと甘酢を入れます。人の手でできることはここまでです。
*1ヶ月ほどで食べられます。

 

◆ 今日の野菜紹介 〜ラッキョウ〜
・ラッキョウはやせた土地でも育ち、成長しようとする力もとても強い野菜。
・ラッキョウの辛味は、気のめぐりをよくし温める作用があるため、胃腸のはたらきを活発にしたり汗をでやすくします。
・秋や冬の寒さ予防としてもおすすめの漬物です。

 

 

*「15YA健康塾」は、女性の元気をつなぐモノとコトを発信するサイトです。*
http://www.15ya.in/