腰痛や肩こり、偏頭痛、膝の痛み…実は、その原因に「背骨のゆがみ」があることも。背骨は、家に例えるなら大黒柱。ここがゆがむと、腕や足、肋骨にも影響し、呼吸や内臓のはたらきにもつながっていきます。なので、「背骨」のゆがみは、ほおっておかないで!なんです。

《ゆがむ要因》
1)長い時間同じ姿勢でいる。
2)横すわり。骨盤のゆがみ。
3)左右の手足の使い方の偏り。
4)暴飲暴食、便秘。
5)疲れの蓄積、など。

筋肉が弱まると、ゆがみやすくなります。”ゆがみ”は、関節の動きの悪さを招き、身体に無理な動きをさせるため、疲れを早め、回復を遅らせます。

ゆがみをできにくくする+一日いちにち手軽な体操でととのえ、明日の元気につなげましょう。

《ゆがみを戻す》
1)姿勢や重心を変える。
2)骨盤をととのえる。
3)普段から身体を使うことをこころがけ、足りないときは体操をする。
4)食べすぎに気をつけ快便、快眠。
5)気分転換、気晴らし、深呼吸、

 

 

*「15YA健康塾」は、女性の元気をつなぐモノとコトを発信するサイトです。*
http://www.15ya.in/