昨夜は家族のリクエスト”手羽先”をいただきました。レモン塩をふって焼くシンプルな食べ方が我が家では好評です。
手羽先といえば、「く」の字に曲がっていて、左に右に動いたり、開いたり閉じたりしますが、ここは骨と骨をつないでいる場所で「関節」といいます。
手羽先は、人間のひじから先にあたります。

私たちの体には肩や股関節のようにクルクルと回る関節、一方向にだけパタパタ動く関節などがあります。
関節をつないでいるのは、筋肉と靭帯(ジンタイ)です。つまり超かたい体の原因は、ここにありなんですね。
もう少し関節についてみていきましょう。

「筋肉」は”つなぎ役”
筋肉…ここでは、”ささみ”を想像するとわかりやすいかな。
ささみは、ビヨーンと細長く、両端は白くなっています(お店に並ぶときにここは除かれることが大半)。

この白いところが骨とくっついています。ほとんどは、ひとつの関節をまたいで隣リ合わせの骨をつないでいます。太ももの前やふくらはぎのようにふたつの関節をまたぐものもあります。

つなぎめは弱いのでプチッと切れてさけやすく、この状態を「肉離れ(にくばなれ)」といいます。

筋肉は対…ペアになっていて、どちらかが縮むことで動きは生まれます。骨がグラグラしないように固定しているのも筋肉てす。

関節のほぐし方
関節のほぐし方…というより、関節をつないでいる筋肉をほぐすことで、関節の動きはスムーズになります。
「ひじ(関節)の動きがわるいなぁ」というときは、ぜひ!手羽先の食べ方を思いだしてみて!!
《関節の特徴》それぞれに動く方向があります。その方向へゆるりゆるり、ゆるぅ~ゆるぅ~と動かしてゆけば…少しずつ動きやすくなって、ほぐれます。


関節が動きにくい理由は?

ここまでわかると、関節が動きにくい理由もわかってきたのではないでしょうか。
・どこかに縮みにくくなっている筋肉がある。
・めぐりがスムーズではない。

関節が動きにくい主な原因は?
【食】食事のかたより
【動】活動不足…縮むチカラを使わないため、弱くなっている。
【休】長い時間の同じ姿勢…緊張や筋肉の使い方のかたより、など。

食事も関節とつながっていますよー。詳しくは、またの機会に。


関節をほぐすときの3つのポイント

私が主催する女性の体操教室や15YA健康サロンでお伝えしているポイントは3つ。「 姿勢」「息」「動かし方」です。
姿勢、息、動かし方は、”ほぐれやすさ”につながってゆくことを私自身も体操をしながら感じています。ここ、ポイントです。

詳しくは、「筋肉」「息」を紹介するときにお話ししたいと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

 

*「15YA健康塾」は、女性の元気をつなぐモノとコトを発信するサイトです。*
http://www.15ya.in/