冬のケア|生姜湿布・こんにゃく湿布

2月のワークショップのご案内です。
グッと冷え込む頃。カラダを温めることにはたらく腎の疲れをとって春の準備をはじめましょう。今回は、発汗作用のある生姜と解毒作用をもつコンニャクを用いたケアの仕方を紹介します。(冷え・むくみ・冷えによる腰痛・疲れ・ストレスの軽減緩和・気血の促進)

今日の富士(富士吉田市)

「冬のケア~生姜湿布・こんにゃく湿布~(お茶付き)」
・日時:2017年2月10日(金)13時~15時
・会場:15YA健康サロン
(小田急線柿生駅徒歩15分/鶴川駅:バス鶴川女子短期大学行き・鶴川高校前下車・徒歩2分)
・参加費:500円/和み流健康保存会会員300円
・定員:6名(予約制)