お正月にふっくらしすぎた人や倦怠感のある方に、簡単な体操をご紹介します。
*ヒザが痛いとき、腰をねじると痛いときは、この体操は行いません。

「面」をほぐす
椅子に浅めに座り、足は腰幅に開きます。
両手を腰において背中を丸めたり、空へ伸ばしたり。ゆっくり呼吸に合わせてこの動きを繰り返します。
*お腹側、背中側、腰まわりがほぐれます。


「つなぎ目」をほぐす
1)はじめの姿勢に戻り、両手は腰におきます。ゆったり呼吸に合わせて、鳥の羽のように肘を前に後ろに動かします。
*肩まわり、胸まわりがほぐれます。

2)両手を組みます。お腹を少しずつぺしゃんこにしながら、両手を頭上にあげていきましょう。
*腰がそらないように注意!

3)息をお腹から吐き出しながら、両腕をわずかに左へ、吸いながら戻し、吐き出しながら、わずかに右へ伸びます。これを数回繰り返しましょう。
*三焦(消化・吸収・排泄)を刺激するため、胃腸がスッキリします。

4)真ん中に戻ったら、息を吐き出しながらお腹をぺしゃんこにして、体を左へ90度ねじります。吸う息で戻します。同じように右へもねじります。
*膵臓・肝臓を刺激するほか、体の前と後ろに響くため、とてもスッキリします。


「足」を動かす
・片足を前に伸ばし(かかとをつけて、指先は天井に向ける)、足の付け根から体を少し前に倒します。2回ほど行ます。反対の足も同じように行います。
*足の裏面がストレッチされます(膀胱系)

最後に、もとの姿勢に戻し、肩をふわりと後ろに3回、前に3回まわし、肩を耳に近づけて、ふーーーっと肩をゆるめます。

無理をしないで、心地よく動かしてみてくださいね。

●健康保存体操について詳しくはこちらをご覧ください→「健康保存taisou」教室
●オンラインレッスンも開いています。→「オンラインレッスン」

 

*「15YA健康塾」は、女性の元気をつなぐモノとコトを発信するサイトです。*
http://www.15ya.in/