小田原といえば、銘菓ういろうがご存知の方も多いかと思います。もっと有名なのが「外郎家(ういろう家)」です。

ご先祖は、”陳延祐”氏。そもそも外郎氏(ういろう氏)は、京都で朝廷に仕えた大医院。当時、接待に使った蒸し菓子が今のお菓子の”ういろう”だそう。

お城のような店構えは室町時代からのもので、見応えがあります。遺言だとはいえ、修復しながら守ってゆくのは簡単ではないでしょうね。
売り場の奥では薬(写真)を買い求めることができます。

ういろう菓子の材料や作り方も、室町時代のままだそう。
砂糖(黒砂糖)、米粉、デンプン

小田原へお出かけのときは、よかったら訪ねてみてください。
ういろう

 

*「15YA健康塾」は、女性の元気をつなぐモノとコトを発信するサイトです。*
http://www.15ya.in/