呼吸と疲労回復

吐いて〜吸って…。せわしなさの中では、呼吸もドタバタしますから、疲れはたまりやすくなります。けれど、休憩に入ると呼吸も休息。
私たちは意識はしていないけれど、呼吸をととのえ体とこころの疲れを取ったり、回復へとつないでいたりします。

ところが、年を重ねて筋肉が衰えてきた?と感じる年頃になると、呼吸は浅くなっていることがあり、疲れをためやすくします。

ゆったり呼吸は、体とこころの疲れを取る
疲れを翌日に持ち越しているなぁ…そう感じるときは、ひと息つくときに数分でいいので、ゆったり呼吸を試してみませんか。体操をするとき、電車に乗っているときでも、気楽にやってみていただければと思います。体が軽くなったり、目や頭はスッキリしますよ、きっと。

●ゆったり呼吸〜今日の元気メソッド〜
ほどよく背筋を立て、肩、首、ひじ、こころの力をゆるめます。手のひらは七分咲き。吐いて〜吸って…ゆったり呼吸をしましょう。