梅干しの漬け方

梅漬けの季節を迎えました。甘酸っぱい香りに包まれながらの梅の下漬けは、口元がゆるんでワクワクします。梅と塩を重ねて、あとは自然の仕事にお任せをする。たったこれだけで、あのおいしい梅干しができちゃうのですから、ありがたいです。

そうそう…梅は、まず水でさささと洗うのですが…水に放った梅は、プニュプニュ透き通る水まんじゅうのようで、おいしそうなんですよ。漬けて気づくことはありです。少ない量で手軽にできるので「我が家の梅干し」、今年は漬けてみませんか。

今回の梅の材料
梅3kg、塩540g(梅の18%)、重石(梅の重さの2倍以上)
*塩分18%はカビにくい塩分量です。

今回の梅干しの下漬けの仕方
1)梅の汚れをサササと水で洗い流し、水気を吹きとります。
2)竹串など先の細いもので、傷をつけないようにヘタを取り除きます。
3)容器に塩、梅の順に交互に入れて、最後は塩で表面を覆います。
4)落し蓋をして重石をのせ、風通しのいい涼しい場所で保存。カビが生えたら取り除きます。

<本漬け>土用の日あたりの晴天に行います。
・梅酢から梅を取り出しザルにあけ、ときどきひっくり返ながら三日三晩干します。梅酢、赤紫蘇も干します。
・容器に、梅と赤紫蘇を交互に入れ、重ねて保存します。

*赤紫蘇:赤紫蘇の葉を18%の塩でもみます。黒いアク汁が出るので捨てます。2〜3回繰り返すと鮮やかな色になります。

●今日の薬膳メモ 〜梅〜
熱を取り渇きを潤します。長い咳を止めたり、止血の作用があリます。