暮らしと二十四節気

カレンダーに書き込み、書き込み、すでに決まっている予定を…と。
こうしてみると一年はあっというまですね。
だからこそ、一日いちにちををたいせつにしていきたいな…。


二十四節気って何?
カレンダーに「小雪」「大雪」など言葉の書かれているのを見たことはありませんか?これは、二十四節気といって一年を二十四等分(十五日間)する考え方で、中国から伝わりました。日本のカレンダーには、日本の自然の姿の様子(言葉)をあてられているので、今でも親しみやすいです*薬膳は、旧暦、二十四節気で考えます。

例えば、「立春」は春の兆しが感じられる頃で、「雨水」は雪がとけはじめ田畑を潤す頃です。こんなふうに二十四節気は、暮らしの節目や目安として、昔からたいせつにされてきました。

カレンダーを、スケジュールを書き込むモノとするだけではもったいない。自然とのつながりも感じてみていただければと思います。

●小寒(1月6日)
寒さが一段と厳しくなってゆきます。
首(手首、足首、首)を風にあてないようにして、温かい性質のものをいただきましょう。汁気をいただくのもたいせつです。(めぐらせる、乾燥を防ぐ)