女性にうれしい”赤色野菜”

ある市場に立ち寄ると、あちらこちらで赤色の野菜が積まれていました。そもそも赤色の野菜のモノ、品種改良されたモノ、様々です。薬膳では、赤色で甘い食べモノは、血を補い滋養強壮に、辛い食べモノは活血(血を活発に動かす作用)として考えます。妊娠中は、活血の強いモノは避けます。(赤色の濃いモノ、紫色のモノは、活血が強い)

こんなときにどうぞ。

●赤色で甘いモノ(クコの実・クランベリー・なつめ・桑実・小豆・人参・エビ・マグロ・血合いの多い青魚・牛肉など)→貧血、白髪の気になる人、慢性不眠の人

●赤色で辛いモノ(赤大根・赤玉ねぎ・ビーツ・赤キャベツ・紅花・サンザシ・バラ・赤ワインなど)→シミやソバカス・生理不順・静脈瘤予防・動脈硬化予防・狭心症予防

こんなときには合いません。
●赤色で甘いモノ→胃腸が張っているとき
●赤色で辛いモノ→妊娠中