2月の体を調える〜食・動・休〜

早いもので、立春、雨水をすぎました。東京では寒さやわらぎ、淡い色のかわいらしい花をみかけるようになりました。冬眠していた動物たちも動きはじめる頃です。といっても、寒さと温かさが同居しているため。朝晩の空気はひんやりしています。食と動と休で、体が受ける自然の影響をやわらげ元気にすごしましょう。

2月のポイント
1:風邪を引き込まない(手洗い、うがい、マスク、湿度60%)
2:体を温める
3:ストレスを溜め込まない(肝を調える)+胃腸を調える(肝の影響を防ぐ)

元気を保つさ
さやかな心がけ
【食】
・食べると辛くて温まるもので、体を温める。
・ホクホクするもので、陽気を補う。
・色の濃いもので、補血する。
・白いもの、みずみずしいもの、ねっとりするもので、体を潤す。

【動】
・体操をするときは、細く長い息を心がける(陽気を補う)
・足を動かす(膝痛・腰痛予防、肝経絡を調える)
・胴体を伸ばしたり、ねじる体操。(腰痛予防、胃経絡を調える)
・はげしい運動は控える。(冬眠から覚めたばかりなので)

伸びやかに、楽しんで
イライラして痛めるのは、自分の体です。少しずつ動き始め、伸びやかにどうぞ。