食・動|伝統・民間療法

スギナ〜民間療法〜

スギナは、つくしの後から出てくるつくしの葉っぱです。繁殖力が強いので。生えているところには、ぐわーーっと生え茂っています。日本では、スギナを煎じたスギナ茶は、昔から利尿作用のあるお茶として飲まれてきました。簡単にできますよ。民間療法では、血を止めるとき、腎臓や膀胱の病気に服用されます。

スギナを食べる
スギナを乾かし粉にする。同僚のゴマを炒ってすり、少量の塩と合わせれば、スギナふりかけのできあがり。

民間療法メモ〜スギナ〜
スギナ茶(熱湯にスギナ葉を入れ5〜6分おく):利尿作用
スギナ湿布:スギナの生葉を擦りつぶして、貼る:傷や吹出物や皮膚炎
スギナの腰湯など
*薬膳ではスギナは、甘・微苦・温性。肺・肝・腎経。