動|体操の選び方とポイント

晴れの日は、木漏れ日と体操しませんか

爽やかに広がる空。昨日まで木々を大きく揺らしていた風もご機嫌の今日は、生徒さんのご要望もあって、木漏れ日の下で健康保存taisouレッスンとなりました。やわらかい緑が目を癒し、鳥のさえずりは耳にここちよく、気持ちも明るくなります。いつもよりお隣さんと距離はとるけれど、呼吸や動きはのびのびです。

「あ〜気持ちがいい」「スッキリしました」「たのしかった〜(笑)」と皆さん笑顔に。体操は、筋肉を鍛えたりダイエットにもつながるけれど、それだけではないんですよ。頭、こころ、内臓だって、皮膚という大きな袋に入っているようなもので、つながりあっているのね。なので、不安や怒り、喜びを、お尻だって感じているんですよ〜(笑)。

春+新型コロナウイルス感染予防〜健康保存体操レッスン〜
・足の内側から足の付け根、横腹を伸ばしたり、ねじります(肝経絡)
・体の中心を伸ばしたり、ねじります。(胃経絡)
・腕の曲げたり、伸ばしたり、ねじります。(肺経絡、小腸経絡)
・首、背中、腰、脚の後ろ側を動かしたり、ほぐします。
*呼吸は、気の入れ替えです。吸う=気(動くチカラ)を補う。吐く=体の内の気を吐き出す。
*動きは、筋肉を鍛えるほか、体の詰まりやゆがみを除き、めぐる道を調えます。