芽吹き…。大地を蹴り出し、おひさまに向かって伸び広がる春の花たち。春のエネルギーを体いっぱいに吸い込み、めぐらせ、吐きだし…輝いて見えるのは、「気」のせい?

ここでいう「気」とは、生命エネルギーそのもののこと。お米や野菜、魚や動物、人間も「気」がめぐっています。生きることは、気(エネルギー)を使うことなので、動くとお腹はすくんです。けれど、息をすることも気を取り入れることなんですよ。

「気」は、動くもので、減ったり増えたりします。詰まると、行き場を失った気が滞る。たとえば、胸で詰まると、食欲がなくなったり、よくため息をついたり、心配や不安で忙しくなることがあります。ストレスが続くと胸や頭に気がこもるので…気の通り道が細くなる。気がめぐりにくいので、さらにイライラしやすくなり、耳鳴り、寝つきにくいなどの症状が現れることもあります。

こんなふうに症状があったり、どこかにぶつけた!とか、数日忙しかった!!といった”思いあたる節”があれば、「ケアをしよう」と思ったりもするのですが…。チリも積もればです。

気のケア、よかったら試してみてください。

1)言葉に傷ついたとき
両手を重ね合わせ、胸と胸の間にそっとあてます。ゆっくり深く息をして気(エネルギー)を吸い込み、めぐらせ、吐き出します。温かくなったら、両手(腕)を気持ちよく開いて、体の中心を開けます。最後に両手をおヘソの下に重ねてひと息つきます。
【イメージ:手をあてる→ツボミ(気が集まる)/手を開く→花が咲いてゆく(気が広がる)

2)ストレス
肋骨の下に手をそっとあてます(左右それぞれ)。1)と同じようにゆっくり深く息をし、温かくなったら、肋骨の下を軽くもみます。次に、両腕を上に伸ばして伸びをし、ゆっくり深く吐いて〜、吸って、腕をおろしながら息を静かに吐きます。

▶︎さらに詳しく紹介しています→健康保存taisou教室

 

 

*「15YA健康塾」は、女性の元気をつなぐモノとコトを発信するサイトです。*
http://www.15ya.in/