新しい日課は新しい自分をつくる

長いな〜と思っていたお家時間。おもしろいもので、あ〜だこ〜だするうちに新たな暮らしのリズム、新しい日課もできて。それはお金をかけたり、特別なことじゃないんだけれど、何だかここちよさを感じます。
たとえば…いつもよりちょっと早起きしてみようかなと思ったので、やってみた。っで、続いていて、今ではその時間になると自然に目がさめます(笑)

散歩をする人はちらりほらりの時間だけれど、おひさまはだいぶ高いところ。
この鳴き声は何の鳥かな〜なんて耳をすましながら歩いて、花の香りも次から次へで私を楽しませてくれます。花に出会えば足をとめてしゃがんだり、カカトをギリギリまであげてみたり。今朝も気の向くままちょっと汗ばむほどを歩きます。家に着いた早々に、朝食の準備や洗濯やらバタバタがはじまるけれども、起きてすぐバタバタするのとはちょっと違う気がします。


あ〜無駄をしていたな、とか、無理をしてたんだな〜とか、そういうところにも気持ちをむけられるのはお家時間のおかげかもしれないわね。そう思うと、自粛はそれほど悪いことばかりでもないんじゃないかな。

見上げれば、広くてでっかい空がある。今日も明るくすごしましょ。