「薬膳管理師BASIC」は、薬膳の普及を目的とし一般社団法人 薬膳アカデミアが主宰する資格認定講座です。普段の食生活や様々な仕事に役立てていただくための講座として、薬膳の歴史や中医学と薬膳学の基本をはじめ、季節の薬膳の献立の立て方、調理実習では生薬の使い方を実践で学びます。

*現在は、コロナウィルス感染を防ぐためオンラインで開講しています。

🔸講座の特徴
🔸講座内容(座学)・調理実習・講師
🔸講座詳細(定員・対象者・申込み・受講料)
🔸薬膳管理師BASIC 資格認定機関について

▼オンライン「薬膳管理師BASIC講座」の特徴
Zoomを利用しての受講となります。事前にスマートフォンあるいはパソコンにZoomアプリのインストロールをお願いいたします。*インストロールの仕方

▼中医薬膳学・基本理論(座学20時間)
普段の食事に薬膳の考え方を取り入れるときに必要となる「中医学理論」「薬膳理論」「季節の薬膳」の基本やポイント、注意点を学びます。
中医学とは中国の伝統医学のことで、古代の中国の人々が自然界に学び得た知識や何千年もの歳月の中での経験をまとめ体系化した統合医学です。薬膳に限らず、鍼灸やあん摩、気功など治療法の基本とする考え方です。
*「漢方」とは?
中国の漢の時代の医学を基に日本で本土化した医学です。「漢方」とは、後にオランダから伝わった蘭方医学に対する呼び方です。

調理実習(1回)
現在は、オンライン調理実習を開いています。手元がよくわかりますし、メモを取りながらじっくりご参加いただけます。薬膳料理では、「体をどうしたいか」という目的を明確にします。例えば、「夏でも体が冷える」「ストレスでイライラしやすく寝つきが悪い」「猛暑で体がだるい」といった体の状態を調えることが目的となります。材料は、その土地・季節にある食べ物を主役に生薬を組み合わせます。作る楽しさ、おいしさ、食べた後の体の変化も感じていただければと思います。

*生薬とは?
木や動物、鉱物、身近な食べ物や実を乾燥させたものなどがあります。薬膳料理では、効果がやさしく使いやすいものを合わせます。

 

講師:井上和美(国際中医薬膳管理師・薬膳アカデミア認定講師・気功療法講師・栄養士・介護予防運動指導員)
女性を中心に食事や体操を通し季節や体の状態に合わせた心身の調和の図り方を伝えている。健康保存taisou教室・15YAの薬膳料理教室・15YA健康塾を主宰。

講座詳細
座学20時間+調理実習1回+薬膳管理師BASIC 認定試験
*現在、調理実習についてもオンラインで開催しています。
【定員】8名
【対象者】女性(年齢は問いません)
【募集】15YA健康塾に掲載
【申込み】15YA健康塾(参加希望日の7日前までにお願いいたします。)「お問い合わせ」

*申込み欄に記載する内容
(1)「薬膳オンライン講座申込み・クラス」
(2)生年月日
(3)ご職業、資格など
*申込みは、申込日時の早い方からお受けいたします。
*講座修了試験に合格された方は、薬膳アカデミアより「薬膳管理師BASIC」資格を認定(国際中医薬膳管理師の受講資格です。)

【受講料】88,000円(税込:96,800円)
(薬膳アカデミアオリジナルテキスト、問題集、中医薬膳食薬効能表、薬膳管理師BASIC認定試験料、薬膳アカデミア薬膳実習代金)
*受講料は基本的に前納制です。振込に関することは「受講確認メール」に記載いたしますのでご確認ください。
*資料追加、薬膳実習内容などによって料金が変わる場合があります。(事前にお知らせいたします)

▼薬膳管理師BASIC資格認定機関について
・薬膳管理師BASICの講師は、国際中医薬膳管理師の資格を所有し、薬膳アカデミア認定講師です。(一般社団法人 薬膳アカデミア:世界中医薬学会連合会認定 国際資格養成専門機関)
・薬膳管理師BASIC資格は、薬膳アカデミアの認定資格です。

世界中医薬学会連合会とは?
中国北京を本拠地とし2003年設立、中医薬学普及に取組む民間団体。世界67の国と地域から251団体が加盟。世界保健機関(WHO)や他の国際組織とも正式な連携を結んでおり100以上の専門委員会が活躍している組織です。

●対面式の薬膳管理師BASIC講座の開講は、コロナウィルス感染の落ち着いた頃を考えております。