簡単!カリカリ梅漬け

梅がふっくら実る頃。今年は陶器を使う梅の漬け方を応用して、小梅をストックバッグを使ってカリカリ漬けをしました。普段から工夫や応用をしていると、いざというときに助けになったり、楽しみにもなるんです。
カリカリ梅は漬けてから2週間ほどで食べられるので、漬物はじめてさんにもおすすめです。


今日の漬け物〜カリカリ梅漬け〜
【材料】青梅(小梅)1kg、粗塩 100g(目安:梅の10〜12%)、焼酎 大2〜3
【漬け方】
①梅を水でサッと汚れを洗い流してからキッチンペーパーなどで水気を拭きます。竹串のように先の細い物でヘタを取ります。
②梅をボウルに入れて、焼酎大1を入れて梅をコロコロ転がしていきわたらせます。お塩(40g)をまぶして軽くこすり合わせます(梅が鮮やかな色になる)。
③ストックバッグに焼酎大1を入れ、ゆさゆさ揺すってカビ予防。②を入れ残りのお塩をまぶし、空気の入らないように袋をしめます。
④重石(梅の重量の2倍)をのせて、風が通り陽のあたらないところにおいて2日すると、梅酢(梅のエキス)が出ます。*赤紫蘇を入れる場合は、2日後に準備します。
⑤フタのある器に引っ越し、冷蔵庫で保存します。2〜4週間でできあがり。*梅酢は、ドレッシングやソースなど、いろいろな料理に使えます。

梅干しの漬け方(参考)→梅干しの漬け方