若い方に感染した場合、症状のないこともあるけれど、後遺症が残ることがあります。ゆくゆく何かしら体調に影響する可能性も心配です。

予防できることはする
自分自身を守るために、自分がウィルスの運び屋となって誰かにうつしてしまわないためにも、「マスク、手洗いうがい、除菌、三密」で感染の拡大を防ぎましょう。

調子をとることを心がける
食事や体操など、日々の生活の中で免疫力を高めることを心がけましょう。
・食事は、体の血肉をつくります。細胞を元気づけるものでもあります。「薬食同源」という言葉があるように、何を食べるか、どう食べるかは大切です。

・体操は、体を動かすことで気血の流れを促します。体を使ったり動かすことで筋肉がついてゆき、筋肉は骨を支え、血圧や体温の調整する作用などがあります。

 

*「15YA健康塾」は、女性の元気をつなぐモノとコトを発信するサイトです。*
http://www.15ya.in/