「暑さ」は夏の恵みでととのえる

明けて早々にこの猛暑。本を読んでいても汗が滴ります。のどは乾き、顔が赤らみ、イライラしやすい?!といったことも夏のせいであることも。

汗は気(生命のエネルギー源)と一緒に体の外に出てゆくので、自粛期間に体をほとんど動かさなかった人は、だるさを感じているかもしれません。けれども、食事やゆったり体操で、だるさをとることもできるので、はじめましょう。

夏は、暑邪対策を(高い気温による邪気)
食事はさっぱりとしながらなも、体のほてりをとったり、水のめぐりをよくして、気力も保つ…そんな食事で、この夏をのりきりましょう。

夏をのりきる食事ポイント
・苦味で体の外からの熱をとりましょう(解暑)。
・水分の多い野菜や果物で体を潤すことも忘れずに(生津)。
・繊維の多い根菜や水分の多い食べ物などは、体の余分な熱や水分を出します(利湿)。
・ホクホクするもの、発酵したものなど消化のよいもので気をしっかり補いましょう(補気)。
・赤い果実などで血や体液を補い安らかさ、穏やかさ、ゆとりを生みます(養心安神)。