お夕飯は、何を作りにしましょう。今日も暑かったから、やっぱり体の熱をとったり潤すものはいいわね、体をらくにするから。体力も落ちる頃なので卵を加えて…”冷やめんの五色添え”なんてどうかしら…。

食べ物の色と体の調え方
薬膳では、食べ物の五つの色「青(緑)・赤(紫)・黄・白・黒」を食べて体を調えるという考え方があります。例えば、青もの。葉野菜など緑の野菜には、熱を下げたり、しずめるたり、痰をとる作用があります。甘みのある青菜は、補血作用があるとされています。なので、イライラするとき、急性炎症、化膿や炎症性出血、充血、酒酔いのときは、”青いもの”を食べると体は調う方向に。熱を除くということは、胃が弱っていたり、冷えているとき、下痢をしているときには控えたい野菜です。合わせて覚えておかれるとよいと思います。

《色の感じ方について》
色を感じることを”色覚”といいます。色覚には大きく分けて5つのタイプがあり、タイプによって色の感じ方は異なります。”一般色覚”は最も多い色覚タイプです。薬膳での五色は、一般色覚の人の感じる色で考えられています。
*多くの人にお料理を食べていただくとき、お皿とお料理の色合いは明暗や彩度を変えて盛り付けるように心がけましょう。

 

▶︎色と作用について、こちらも参考にどうぞ→「こんなとき、何色のモノを食べる?」

 

 

*「15YA健康塾」は、女性の元気をつなぐモノとコトを発信するサイトです。*
http://www.15ya.in/