自然治癒力と療法の付き合い方|女性の元気をつなぐモノとコト

自然治癒力と療法
わたしたちの誰もが、自分で自分を癒し治すチカラを持っています。けれど、ときとして、そのチカラは弱まることがあります。なので、一人で頑張りすぎないで…と、サロンや教室の皆さんにそうお伝えしています。
日本では、西洋医学が主です。けれど、国外の医療や療法を日本にいながら受けることのできる時代です。どれかではなく、どちらもを選ぶことができるのです。自分のために、ここは遠慮せずです。自分の体とこころの負担をかけすぎないように療法を取り入れたり組み合わせて、自分の元気に役立てましょう。

病気と勝負はせず、体を元気づける
病気は、体やこころのバランスの崩れですので、何かを変えることはたいせつ。転機ともいえます。食べ方や働き方を少し変えてみたり、自分の中にあるこだわりを減らしてみたり、周りの言葉を素直に受け入れてみる。何かが変わるとめぐりも変わってゆきます。

「病気に勝つ」という表現をよく耳にします。わたしは皆さんに「病気と勝負はしないのよ〜」とよく言います。「勝ちたい!勝たなくちゃ」といった気張りは、体とこころを疲れさせちゃいます。気持ちはゆったりしていた方が、食べたものはおいしいですし、消化吸収して身になりますし、いいめぐりが生まれます。

検査を活用する
気になる症状があるのであれば、検査を受けましょう。数値や見えるものがすべてではないけれど、体の状態や変化を知ることができます。結果を踏まえて治療法を検討したり、変えてゆくこともできます。
よろしくないのは、気になる症状を持ち続けて、モヤモヤすごすことです。検査を受けて具合いの悪さがみつかったのなら「ここでわかってよかった」ですし、何もなかったのであれば「よかったね」で、恥ずかしがることはありません。具合いの悪さは早くみつけるに越したことはありません。