新米の季節です。お米のこんなお話し…

稲作のはじまりは古く、中国が起源とされています。今では様々な種類がありアジアの多くで育てられ、食べられています。日本でお米が食べられるようになったのは縄文時代といわれています。今もこうしてお米をいただけるのは、日本の風土と私たちの体に”お米”が合ったのでしょうね。

白米と流行病
日本の場合、玄米に変わって白米を食べるようになったのは江戸時代です。といっても、白米を主食にできたのは上層階級や武士でした。時代とともに都市部、地方へと白米食は広がっていきます。ところが、白米を常食していた人に病が流行します。それが「脚気(カッケ)」です。だるさや食欲不振、しびれ、足のむくむといった症状が現れます。

脚気の原因と予防
脚気の原因は、ビタミンB1の不足です。けれど、お米はそもそもビタミンB1を含んでいるのに、どうしたことでしょう?
ビタミンB1は、お米の芽になる「胚芽」や芽の栄養になる「胚乳」に多く含まれます。実はここ、玄米から白米に精米するときに、取り除かれてしまうのです。今日のようにお野菜をいろいろ収穫できていたら、少しは違ったのかもしれません。このように条件がいくつか重なると、病を生むことがあります。

脚気の予防
脚気をわずらった人の治療として食されたのは、麦ごはん、うどん(小麦)、お蕎麦です。小麦粉と蕎麦粉も精白されるため、玄米には及ばないのですが、少しばかりビタミンB1を含みます。

玄米をおいしく食べる炊き方
玄米をおいしくいただくポイントは、炊き方です。圧力鍋や土鍋で炊くと、モチモチのおいしいごはんに炊けます。この秋、新米を玄米で食べて見ませんか…よかったら試してみてください。
*玄米は腹もちがいいので、少量でお腹が満たされます。
*玄米を食べるときは、よくかんでいただきましょう。
*玄米を主食にする人は、水分をよく飲むようにします。

今日の薬膳メモ〜お米〜
玄米:甘・平性/気を補い精神を安定させます。余分な水分を外に出しむくみを解消します。肝・腎を元気にします。

白米:甘・平性/胃を元気にし、口の渇きをとります。