お蕎麦のおいしい作用|生活習慣病の予防など

東京近郊では、白いかわいらしい蕎麦の花が満開の頃を迎えています。新そば…待ちどおしいですね。このソワソワ感も新蕎麦を食べたときの喜びにつながっているような気がします。

蕎麦はのどごし、香りも楽しめる穀物です。ゆで汁には、蕎麦のおいしいところが流れ出るので、蕎麦湯もいただきたいものです。

お蕎麦は、胃腸を元気づけ、腸内のお掃除やさんでもあります。血管を丈夫にすることにもつながるので、動脈硬化や糖尿病、高血圧の予防にも役立つといわれています。

今日の薬膳メモ〜蕎麦〜
甘・微酸/寒性。気を下に降ろして消化不良を改善します。胃腸を冷やすので、体が冷えるときや下痢をしているときは控えます。