15YA健康塾

食事と季節と|女性の元気をつなぐモノとコト

今週は春の晴天が続いていますね。少し乾燥ぎみ?と感じたら、みずみずしい野菜や果物、汁物などで体を潤し、バランスを取りましょう。

冷えを感じるときは、”めぐらせる”こころがけを。体を動かすのもよしです。けれど、な〜んにもしないことで、めぐりがよくなることもあります。たとえば、頭をフル回転する日々が続いているとき。頭は、体の中でもっともエネルギーを使うので、頭の使いすぎによって、他で使うエネルギーが足りなくなったことで、冷えができちゃう。体は正直者です。

食事と季節
寒さ、暑さ、湿気、乾燥は地域や季節によって変わります。
一緒に暮らしている家族でも、暑い!と感じる人もいれば、寒いと感じる人がいたり…どちらが正しいかといったことではなくて、体質や体の状態は違うもの。なので、中医薬膳では、季節や自分の今日の体調に合わせて、食べ物や調理法を選ぶことをたいせつにします。

酸味、苦味。甘味、辛味、塩からい味にもそれぞれ作用があるので、参考にしていただければと思います。
*あなたの体に合う味・ととのう味