カラダがざわざわするそんな日は、ほんの少し呼吸をやすめ、カラダのバランスをとりませんか。

今日は、オンライン「呼吸deととのう」腹式呼吸のポイントを紹介します。

一般的な腹式呼吸は、横隔膜を上下に動かしますが、「呼吸deととのう」では、こんなふうに行います。

よかったら試してみてくださいね。

【姿勢】立つまたは椅子に座ります。足先を少し内向きにして、土踏まずて大地を感じます。腰を自然に起こし、頭頂は空からほどよく引っ張られている感じです。こうすると、あごが自然にひけますし、首はリキまずここちよいです。

【吸う(イメージ)】鼻から清気(生気)を吸います。吸った清気は肺を満たします。肺を満たすと胃に行き胃を満たし、さらに降りて下腹部(腸)に届くと腸からカラダに吸収されます。

【吐く(イメージ)】下腹部を少しずつへこませ押し上げて、カラダの老廃物(濁気)を連れてゆき、口から吐き出します。おなかの中のものすべてを、ゆーっくり吐き出す…そんな感じです。

吸うときは、お尻はゆるみ、おなかは風船のようにふくらみ

吐くときは、押し上げるので、お尻は引き上げる感じ。なおなかが自然にへこんでゆきます。

前もってポイントをおさえ、腹式呼吸をするときは、リラ〜ックスです。

はじめは5分くらい。慣れてきたら少し伸ばしていかれるとよいでしょう。コツは、頑張らないこと。

呼吸法といっても、その仕方や目的はいろいろです。どれが正しいかどうかということより、やってみてどうか…。合う、合わないはありますし、続けてみたときに作用を実感できることもあります。逆腹式呼吸は、腹部の脂肪燃焼作用が強いけれど、生理中や妊娠中、術後など体調によって適さないことがあります。こうした注意点は、チェックしておきましょう。

オンライン「呼吸deととのう」開催中。