”梅雨”ととのう食の知恵|薬膳

しとしと しとしと…今日も雨。梅雨に入ると「なんとなくだるい」とか「関節や古傷が痛む」「昼間も眠い」といった声を耳にするようになります。体調がどうこう…というより、私たちの体も花や木と同じようにお天気の影響を受けているためで、「気象病」なんて言い方をすることもあります。

”梅雨”の特徴は「湿+高温」
中医学(伝統的な中国医学)では、梅雨の時期は夏の一部と考えます。
季節の中で「梅雨」は陰陽のどちらになるかというと…暑い季節なので「陽」です。
けれど、梅雨は雨(湿邪)が多くなるので「陽中の陰」とも言えます。

”梅雨”のこころがけ
春の乾燥がやわらぎ、外から潤されるのでお肌の補水は足りるのだけれど。”水めぐり”をよくする”コトを心がけて「むくみ」「だるさ」「冷え」を防いだり、症状の軽減・緩和に向けましょう。

*”水めぐり”とは?
一日いちにち、体に「新たしい水を入れ、吸収させ、めぐらせて、余分な水を出す」までが”水めぐり”です。水は血と関わり、めぐるチカラは気と関わります。

なぜ起きる?「むくみ」「だるさ」「冷え」
むくみは、”水”の滞っている状態。なので、重だるさ、冷たいという状態が生まれます。夜は充分に眠っているのに昼間も眠い!といったことも水めぐりと関わります。
「湿」に熱が加わった状態を「痰(タン)」と言います。「痰」は、ネバネバしているので、さらに水を滞らせます。

いろいろなところに起きる「水の滞り」
上半身の水のめぐりがよろしくないと、頭が重い、まぶたがはれぼったい、中耳炎、肩がコリやすくなります。呼吸系に滞ると、呼吸がしにくなったり、湿疹(湿のかたまり)ができやすくなります。関節や筋肉に滞れば、リウマチ関節痛、腰痛、筋肉炎を生み、消化器系(胃)に滞ると、食あたり、食欲不振、下痢を起こしやすくなります。

”梅雨”ととのう食の知恵
冷やすでもなく、温めるでもなく…「温める作用をもつ食べ物」と「熱をとる(冷ます)作用をもつ食べ物」を組み合わせ、体の陰気と陽気のバランスをとりましょう。
①川を掃除する

水の通り道のおそうじは「繊維」→ウド、セロリ、ゴボウなど

②水を出す
利尿作用、発汗作用で余分な水を出す。
利尿→あずき・もろこしヒゲ茶・はと麦・麦茶など
発汗→生姜・コショウ・サンショウ・唐辛子・ニンニク・玉ねぎなど
*食べ過ぎは、胃腸を痛めるので注意。

③胃腸をととのえ、水の代謝をよくする(温性・自然の甘味)
お米・ジャガイモ・大豆類(豆腐・ゆば・豆乳・納豆)などホクホクするモノ・きのこ類・白身魚など

平性で淡い味
湿気が苦手な「胃」をいたわり、元気づけます。

*梅雨は、胃を痛めやすいモノは、控えましょう。
甘味料、油っこい物(揚げ物)、乳製品(チーズ・牛乳・バター・ヨーグルト)・アルコール類・冷やす物

④「香り」で、スッキリ
シソ、生姜、柑橘類、ハーブなど香りのあるものは、気のめぐりをよくし、湿を取り除く作用があります。

水分は、一日1.6リットル飲むことを基本に、汗をよくかいた日は増やします。食事と運動(体を使う・動かす)はセットなので、吸収や代謝をよろしくすることは大切です。

紫陽花は、雨の日こそイキイキしていて、梅雨を楽しんでいるよう。私たちも、梅雨を明るくすごしましょう。