今日は、薬膳スタジオで打ち合わせでした。
休憩タイムに薬膳茶と薬膳デザートをいただきました。

お茶も、食べものと同じように味や香り、体への作用は違うんです。
なので、いつも同じではなく、誰もが同じでもなく、季節や自分の体調に合わせていただきます。

 

薬膳スタジオ青梅にて

 

暑さと湿気の強いこの時期も、冷たいものは控えましょう。
梅雨は、むくみ、だるさ、関節痛、五十肩や四十肩、頭痛、めまいなどの症状が現れやすい時期。「水めぐり」をよくすることは、こうした症状の軽減にもつながります。

薬膳茶メモ
体の湿気対策には、香りのあるものや、利尿作用のあるお茶のブレンドがおすすめです。烏龍茶、ジャスミン茶、とうもろこしヒゲ茶、小豆茶、菖蒲茶、はと麦茶など。