「ストレスの解消法、教えてください!」といった相談を受けることはよくあります。年齢を問わずストレスに悩まれている人は少なくありません。春ですし…ストレス解消につながる、そんなお話をしたいと思います。

「ストレスがたまっちゃって!!」
「もーーーぅ!ほんと、ストレス!!」
「ストレスで、おかしくなりそう…」

皆さん、ストレス!ストレス!とおっしゃるのですが、ストレスには「良いストレス」と「悪いストレス」があると私は感じています。

良いストレスとは?
例えば、自分の今の実力より少しレベルの高いことにチャレンジするときにストレスを感じることがあります。
達成するために、生活リズムを変えたり、体への負荷を高めることが求められることがあります。「これまでと違うことをする」「これまでとは変えてゆく」というとき、体や頭は疲れを感じます。

このストレスは向上心の賜物で、”自分を育む”ので良いストレスといえます。
*良いストレスは、”ほどよい”ことが大切です。自分のレベルより高すぎるレベルが目の前に現れたときは、こころのバランスを崩すことがあります。

悪いストレスとは?
いじめ、言葉による暴力、肉体的な暴力、差別…。こういったストレスは悪いストレスです。
こころに強く深い恐怖心を与え、トラウマを生むことがあります。死へと追い込むこともあります。自分を痛めつけるこうしたストレスからは、逃げることが肝心です。

 

もうひとつのストレスは…
「やっといてねって言ったのに、何でやっていないの?!」
「どうして、同じことを言わせるの?!」
「どうして、こうできないのかしら…」
「なぜ、やさしい言い方ができないのかしら?!」

こういったストレスの状況を聞いてみると、自分の思い通りにかないことにストレスを感じている。つまり、物事の見方が自分中心であるためにストレスを生んでいます。

けれど、この相手の人も「ストレスだな〜」と感じていることはよくあります。相手が子どもであっても、高齢の方であってもです。

家庭で、社会でも自分が思うようにいかないことの方が多いののは、ひとり一人の性格や体の状態が違うこと、そして一人ひとりに思いや考え方、進め方、やり方、経験があるからです。これは「個性」と呼ばれています。

自分の思い通りになる、自分の思い通りに進むことは、良さそうに見えますが良いことばかりとは限りません。思い通りにいかないことが「振り返る」「見直す」「思いとどまる」「何かを変える」といったきっかけになったり、より最善の方へ進むための一歩になることもありますし、自分の世界を広げることにもつながります。

 

・自分を育むストレス
・自分を痛めつけ、恐怖心を与えるストレス←何より大切なのは、自分の命を守ることです。生きるための方法を選んでください《引越す、転校・転職する、通信・オンラインを利用する、専門家に相談する、安全なところに守ってもらう、など》
・個性の違いによるストレス←自分以外の人のことを知り学ぶことは、自分の世界を広げます)

*体が受けるストレスには、食べ物の添加物や農薬、整髪剤や洗剤の香料、衣類に使われる化学繊維、建材に使われる化学物質などがあります。

 

これまでの経験からストレスについてまとめました。参考にしていただければと思います。〜投稿者:kaz〜

 

*「15YA健康塾」は、女性の元気をつなぐモノとコトを発信するサイトです。*
http://www.15ya.in/