6月だというのに関東も梅雨があけたそう。今年の夏は長くなりそうです。
慌てて「赤紫蘇」を追加で買い求めました。赤紫蘇ジュースは、夏バテ対策としてもおすすめです。

果実酒には氷砂糖、赤しそジュースには白砂糖を使われる人も多いいかと思いますが。蜂蜜やてん菜糖でもおいしく作ることができます。

てん菜糖って何?
真っ赤な野菜ビーツの仲間の「さとう大根」。天然のオリゴ糖やミネラル成分が含まれていてやさしい甘さがします。てん菜糖のうす茶色の色は、糖蜜の自然な色です。
*糖の吸収がゆるやかなので、血糖値が気になる方は普段からてん菜糖を使うののもおすすめです。


赤しその作用は?
発汗作用や気のめぐりをよくし胃のはたらきをよくする作用があるほか、赤しそは目によい作用もあります。また、ビタミンA・C、鉄分などのミネラルを多く含むので女性にうれしい薬草です。

【赤しそジュース】
材料:赤しそ300グラム、水2リットル、てん菜糖 1.5カップ、レモン汁(または自然酢)0.5カップ

作り方:
1)赤しその葉について土やホコリを、ためた水の中でよく洗い流します。
2)鍋に水を入れ火にかけて沸騰したら、赤しそを入れて5分ほど煮て、赤しその色やエキスを汁に移します。*煮すぎは注意!香りなどが飛んでしまいます。


3)火を止め赤じそを取り出し、てん菜糖を入れ溶かします。レモン汁(または自然酢)を加え混ぜ合わせたらできあがり。(お湯の色は黒っぽい色から鮮やかな赤じそ色に変わります。)

*保村:必ず冷蔵庫で保存します。
*飲み方:飲むときに塩をほんの少し加えたり、レモン汁を加えてもサッパリしておいしいです。水や炭酸水で割って、お好みでどうぞ。

 

*「15YA健康塾」は、女性の元気をつなぐモノとコトを発信するサイトです。*
http://www.15ya.in/