悲しみの前に立ったとき…

あまりにも悲しい…そんなできことが生きているとあったりします。
悲しみの前に立ったときは、涙をいっぱい、いっぱい流して流しましょう。今は、その理由を考えたり、忘れることを急いだり、誰かを責めることもいりません。

あさひが顔をだしたら、窓をあけ、空に向かってカラダいっぱい吐き出して、それからおなかいっぱいに空をすいこみましょう。ひといきついたら、お水コップ一杯を、ゆっくり、ゆっくりと飲んでカラダをうるおしてあげましょう。

ゆっくり、ゆっくりと

続きを読む

病気を持っても…

「私、お肉が食べたいから…カツ丼をいただくわ。」
こう言って注文をしたのは、もうすぐ80歳になる女性。料理を待ちながらこんな話…。

「年をとると忙しくなるのよー。
朝は髪や顔のマッサージでしょ。目には目薬、鼻には鼻薬(笑)。シミやシワもちょっとは隠したいじゃない(笑)。歯磨きだって、隙間のお掃除もしなくっちゃ。それが済んだら肩に湿布。膝にはサポータでしょ。

カーネーションの花言葉:無垢な愛

続きを読む

膝の痛みが消えていたの

何年か前に、膝が痛くなったの。歩くときにズキッとしたのね。
痛いなぁ、困ったな~と思いながら動いていたら、しばらくして歩くたびにズキズキするようになって。仕方なく整形外科でレントゲンをとってもらったの。すこーし水がたまっているけど抜くほどではないってわかって、ひとまずホッとしたんだけど…

今は自転車に乗れるほど膝も元気。

続きを読む

自分らしく

「ねーちゃん、年を考えろ!何歳だと思ってんだよ」って、弟や妹に叱られることがあるの(笑)。
何歳って、何歳だっけ?って聞き返すわけ。そうすると、そこにいる弟や妹や、親戚とかがね、「75歳!」って声を揃えて言うの(笑)

私らしく…ただそれだけ。

続きを読む