冷え・便秘・貧血〜女性と食〜

今日は春節、旧正月です。
そろそろ草花たちも顔を見せてくれる頃。
冬に溜まったものを出してくれるのは、苦味の春の芽吹きたち。
めぐれめぐれいい巡り。

今朝いただいたのは、小豆とクコの実のおかゆ。
1ヶ月に1度、おかゆさんで胃腸をいたわれば
冷えや便秘もさようなら。

続きを読む

台湾茶を愉しむ〜女性と暮らし〜

休日の今日は、台湾式でお茶を愉しみました。
お店の中に入ると、お茶の香りに包まれ
小さなかわいらしい茶器たちがお出迎え。

日本の茶道に対して、台湾のお茶は茶芸というそう。
つむ茶葉や発酵、保管の仕方に合わせて淹れ方を変え、香りをたのしみ、味をたのしみ、時をたのしむ…
そんなお茶の楽しみ方もいいですね。

続きを読む

冷え予防・対策〜女性と暮らし〜

暦の上では一年で最も寒い時期「大寒(ダイカン)」。
寒くなると、コタツで丸くなっていたい
とか、足に根がはえたようにコタツから動きたくない…そんなふうに思うこと、私もあります。

「寒〜い!」は、体の”温めて🖤”サイン
寒くなると、体は外からの侵入を防ぎ、体内を温めるためにエネルギーを使います。エネルギーが不足したり、めぐりがわるくなると、これらの力が弱くなるので風邪をひいたり、コリ、痛み、つまりなどの症状が起こりやすくなります。

そこで、冬は冷え予防と対策が大切になります。ポイントは、”滋養強壮+元気貯金”です。

心息身を調える〜15YA健康サロンにて〜
続きを読む

手軽な健康保存体操レッスン〜ウエスト/肝・胃腸〜

お正月に食べすぎ、動かさなすぎてちょっとふっくらしちゃった?!
そんな人や、近頃イライラしやすいと感じる人、便秘のときなど
体が調えるのを手伝ってくれる体操レッスンです。
注意)ヒザが痛いとき、腰をねじると痛いときは、この体操は行いません。

デンデン太鼓体操
続きを読む

がんばる女子を支える「スープ」〜女性と健康〜

手軽なお料理”スープ”。
具材によっては、ほてるときには熱を冷まし、冷えるときには温めてくれます。
どんなときでもスーーっと体に染み込んで、ホッとさせてくれる”スープ”。
今夜は、こんな具材にしませんか…

<スープの具材の選び方>
・気力が補って体を調えたいとき:
イモ、豆などホクホクするものをスープに。

イライラしやすいとき:
シソ、春菊、ゆず皮のような香りのあるものを添えてみませんか。
加えるタイミングは、できあがり直前に。煮込むと香りがうすらぎ、その持ち味をいかせなくなってしまいます。

貧血気味、肌荒れ、爪がもろいとき:
カキ、たまご、ほうれん草、クコの実など、鉄分や亜鉛を多く含むもので血力アップにつなげましょう。ビタミンAと組む合わせると吸収しやすくなります。

髪や肌がバサバサ、口が乾きやすいとき:
トマト、オクラ、白木耳、やまいもなど、トロトロするものは体を潤しますよ。

むくみがあるときは:
ハトムギ、ワカメなど海草、小豆で利尿を促しましょう。

病気はないけれど、気力体力がでないとき:
カニ、アサリ、しじみ、スッポンなど。ねっとりしたものを加えて滋養強壮に。