アーカイブ

そら豆と豆板醤の作り方

そら豆が旬を迎えました。
甘くてホクホクッとして、おいしいお豆さん。
サヤごと焼いたものを食卓に出して、食べるときにサヤからお豆を取り出して食べる‥春の味です。
サヤから取り出したお豆をスープや煮物に入れても、もちろんおいしいです。


空に向かって実”そら豆”。
収穫のタイミングは、ふくふくと実った重みで頭が深〜くおじぎをしたときだそう。
サヤが黒ずんできものも、食べどきです。

●そら豆〜薬膳メモ〜
消化を健やかにして気を補い、余分な水分を外へ出します(むくみ取り)
胃腸が弱って食欲がないとき、疲れやすいとき、むくみがあるときにおすすめの食材です。
続きを読む

小野路散策・あした農場

一番星が顔を出すまでには、まだ少しの間がある頃。
なんとなく足を向けた”小野路”。
同じ町(東京)に住みながら、散策したことはなかった場所です。

小野路宿里山交流館は、バス停のすぐのところにありました。
季節の庭をゆっくり楽しむまもなく休憩所に飛び込むと、小野路育ちの野菜、小野路育ちで作ったお菓子やお惣菜がわずかに残っていました。
平日も訪れる人は多いのかな。

お茶をいただきながら小野路散策マップを眺めて一息。
行く方向をなんとなく決めて…

交流館の脇の車一台が通れる坂道をずんずんずん。

出会った第一村人は…黒牛さんたち。

続きを読む

有機野菜と自然食品の店

安全で安心でおいしいもの。身近なスーパーで買い揃えられるようになりました。
食べたもので体はつくられてゆく…こうした意識の広がりもうれしく思います。

私自身、改めて自然食品店に出かけることは、少なくなりました。
けれど、みかけると立ち寄るようにしています。

自然食品店で働いていたことがあるからいうのではないけれど…
スーパーでは出せないお得でおいしいもの、うれしい情報があったりします。
店員が自ら野菜を育てていたり、食材や商品のことを学ばれている人は少なくないので、コミュニケーションの場としても楽しめます。

自然食品店をみかけたら、立ち寄ってみませんか..気軽にね。

薬木・薬草散歩

お天気がよかったので、昭和薬科大学に出かけてきました。
薬物植物園は、散歩するにはほどよい小山。

これも薬木?!
身近にある木々や草花の薬効を知ったり、クイズで楽しく学べるのも楽しいです。

あとどのくらいかなぁ。
うわぁっと緑に包まれて、鳥の歌も聞けるでしょうね。

●昭和薬科大学 薬物植物園
一般公開日は、土曜日です。

おいしいご飯〜自然栽培のお話〜

海に囲まれた日本の風土で暮らす私たちの体に合う主食「お米」。
今日は、三鷹市の自然食店”やさい村”主催の「佐藤さんの自然栽培の話を聞き、新米を食べる会」に行ってきました。ササニシキとコシヒカリの玄米、七分つきの食べ比べ。どれも甘くておいしくて。
子どもたちや妊婦さん、体が弱っている方、みんなに届けたい…そんなお米でした。

続きを読む