涼む工夫と養生太極拳〜女性と体操〜

ジリジリが腕が焦げつくような、今日もそんな暑さですね。
私は冷房は苦手なので、できれば使いたくないのですが、そうもいってはいられません。
涼む工夫、あなたはどうされていますか?

<涼む工夫と養生太極拳>
吐いて〜吸って…頭に溜まった気を降ろします。
自律神経や血圧の調整、イライラを鎮める作用もあります。
*吐く息:余分な熱や疲れを外に出す。
*吸う息:新しいエネルギーを体に入れる。


この時期、体の中心は冷房によるストレスや疲れ、冷たいものの食べすぎで冷えていることも。
呼吸に合わせて、じんわりじっくり体を動かし、体のめぐりをよくしてゆくことは、夏バテの予防にもつながります。

「女性の健康保存体操」教室

梅雨の健康保存体操〜女性と体操〜

晴れまの少ない梅雨。
梅雨は、暑さと湿気を含むため、胃の働きがダメージを受けやすくなります。体に余分な水を溜め込んでいたり、体力がないと、いつでも眠気を感じます。

梅雨の健康保存体操のポイント…体の中心をよく動かし、胃の働きを高めます。消化吸収をよくすることは、水のめぐりもよくします。

イライラしやすいときは、体の側面や脚の内側から付け根も動かして肝の経絡、胆の経絡の通りをよくしましょう。

*経絡とは…気の通り道。(ツボは経絡上にあります。)
経絡は、内臓につながっていていますので、経絡のどこかが詰まると気(エネルギー)は滞り、調子のすぐれなさを生みます。


『女性の健康保存体操」教室の紹介

女性の健康保存体操」教室は、体操をとおして、今日の体を調えすごしやすくしてゆく…そのお手伝いをさせていただいています。 続きを読む

春の養生(3)食事・体操・すごし方〜女性と暮らし〜

春の養生(2)では、食事つについて紹介しました。

ここでは体操についてお話ししたいと思います。

食事と同じように体操でも、肝をいたわり守って、春の体を調えます。
ゆったり深く息をしながら、伸びやかに体を動かしましょう。

豆知識
気の通る道を、経絡(ケイラク)といいます。
ツボは、経絡の上にあって、反応が現れやすい場所です。
経絡やツボを刺激することで、気の通り道が開きます。
通りがよくなるので、内臓がはたらくために必要な気(エネルギー)がちゃんと届くということ。
その結果、症状が和らいだり、調子がよくなったりする…と考えられています。

続きを読む

手軽な健康保存体操レッスン〜ウエスト/肝・胃腸〜

お正月に食べすぎ、動かさなすぎてちょっとふっくらしちゃった?!
そんな人や、近頃イライラしやすいと感じる人、便秘のときなど
体が調えるのを手伝ってくれる体操レッスンです。
注意)ヒザが痛いとき、腰をねじると痛いときは、この体操は行いません。

デンデン太鼓体操
続きを読む

腰痛・猫背予防〜女性と体操〜

今年も体を動かすポイントや手軽な体操を少しずつ掲載したいと思います。

体操はしなくてもいいけれど、体は動かしてゆきましょう。
動かすことは体をらくにします。
”らく”というのは、自分が暮らしやすい体を保つこと…そんなふうに私は思っています。体がよく動けば家事や趣味、旅行などもら〜く楽。
暮らしを楽しむために、今日できることをして体を動かしましょ。

15YAのプライベートレッスン
続きを読む