小野路散策・あした農場〜女性と暮らし〜

一番星が顔を出すまでには、まだ少しの間がある頃。
なんとなく足を向けた”小野路”。
同じ町(東京)に住みながら、散策したことはなかった場所です。

小野路宿里山交流館は、バス停のすぐのところにありました。
季節の庭をゆっくり楽しむまもなく休憩所に飛び込むと、小野路育ちの野菜、小野路育ちで作ったお菓子やお惣菜がわずかに残っていました。
平日も訪れる人は多いのかな。

お茶をいただきながら小野路散策マップを眺めて一息。
行く方向をなんとなく決めて…

交流館の脇の車一台が通れる坂道をずんずんずん。

出会った第一村人は…黒牛さんたち。

続きを読む

春の養生(3)食事・体操・すごし方〜女性と暮らし〜

春の養生(2)では、食事つについて紹介しました。

ここでは体操についてお話ししたいと思います。

食事と同じように体操でも、肝をいたわり守って、春の体を調えます。
ゆったり深く息をしながら、伸びやかに体を動かしましょう。

豆知識
気の通る道を、経絡(ケイラク)といいます。
ツボは、経絡の上にあって、反応が現れやすい場所です。
経絡やツボを刺激することで、気の通り道が開きます。
通りがよくなるので、内臓がはたらくために必要な気(エネルギー)がちゃんと届くということ。
その結果、症状が和らいだり、調子がよくなったりする…と考えられています。

続きを読む

春の養生(2)食事・体操・すごし方〜女性と暮らし〜

  • 前回のおさらい…

春は、体の外と内の守りで”風”を防ぎ
伸びやかに、穏やかにすごすことを心がけます。
体を潤すことは、肝をいたわり、守ることにもつながる…でしたね。

今回は春の食事についてです。
冬にたまったものを吐き出し、冬には足りなかったものを補い
体を春の陽気で満たします。
春の食材で春の体を調え、すごしましょう。

・気のめぐりをよくするもの
肝の働きを助け、気をよくするものは、香りのあるものです。
春菊のように香りのある葉菜、ハーブ、柑橘のもの
あおあおとした葉野菜もいいですね。熱を覚まします。
*イライラにはジャスミン茶がおすすめ。
続きを読む

春の養生(1)食事・体操・すごし方〜女性と体操〜

新元号は”令和”に決まりましたね。
レ・イ・ワ。
和やかで明るい時代となりますように。

今日は、「健康保存体操」教室の基礎クラスの日。
桜を眺めながらのグループレッスンとなりました。
レッスンでは、春の体操の仕方やポイントをお伝えしましたが
春の養生について少しお話しを足したいと思います。


春の養生:
寒さ(陰)が弱まり、陽射し(陽)が戻ってきます。
自然界では、木が活発になり、閉じていた花のツボミが開きはじめます。
と同じように、体の肝の働きが盛んになり、毛穴は開き、気は内から外へ動きはじめます。
風が吹いて、お天気は不安定がち。変化が早いのもこの季節の特徴です。

この季節は、体の外と内の守りで”風”を防ぎ
伸びやかに、穏やかにすごすことを心がけます。
体を潤すことは、肝をいたわり、守ることにもつながります。
続きを読む

今日の台湾茶〜町田お茶の老舗ひじかた園〜

今日のお茶タイムにいただいたのは、”龍珠茶”。
お湯を注ぐとお豆のように丸まった茶葉が舞いあがり、ゆっくりふくらむ様子は龍のよう。
眉間が開くほど香り高いジャスミン茶は、今日のお菓子、中国の蒸しパン”マーラーカオ”とよく合いました。

薬膳では、ジャスミンそのものは体を温め消化を促す(陽性)作用があるとされています。

<今日のお店>
町田の「ひじかた園 ティールーム(2階)」。
160年つづくお茶専門店です。日本茶とお道具をはじめ、中国茶、紅茶、マテ茶(マテ壺)、ハーブティなどを取り扱っています。
”ティールーム”では、日本茶や台湾式の茶芸などを楽しむことができます。
詳しくはこちらへ→ひじかた園