アーカイブ

菊花茶〜デスクワークの目の疲れ・かすみ〜

午前中のデスクワークが終わると、目が重くなったり、かすんだり。
年を重ねるとこうしたことも増えてきます。今日は「菊花茶」でひとやすみ。
ひとくち飲みこむと、さわやかでグリーンな香りがお腹いっぱいに広がり、この黄色のあざやかさにも癒されます。

菊の花は、ストレスなどによる目の充血、かすみ目、めまい、頭痛を和らげると薬膳ではいわれています。
もう少しスカッとさせたいときは、ミントを合わせお好みでハチミツを加えるのもおいしいですよ。花粉が飛び散る春先にもおすすめです。
*菊の花は、熱を冷ます作用があるため冷えているときには控えます。
*飲み口の細い器や蓋つきの器は、香りを逃げにくくします。

<今日の薬膳メモ>〜菊花〜
性質:微寒
五味:辛甘苦
帰経:肺肝
*帰経とは、食べ物の作用が臓腑や経絡(気の通り道)に作用することを指します。

秋と食ベものの選び方

東の空の明るくなるのが、夏の頃よりゆっくりになってきました。
朝の散歩は気持ちのいいものです。吐いて〜吸って、体もこころもスッキリ。

今日の薬膳 〜秋と食べものの選び方〜
初秋は夏の名残と乾燥が同居。
日本では、季節を問わず同じ食べ物がマーケットに並ぶけれども、選びぶときのポイントは「秋と体の調子」です。
秋のものといえば梨や柿。体を潤す果物なので、お肌しっとりに。
体が冷えるときに果物を食べると、さらに体は冷えてしまうので控えましょう。

バランス

食べたものを口に入れると、何かしら体にはたらきかける。
自然な状態に近いほど、体のストレスは少ないんじゃないかな。
自然はバランスがとれているから…

初秋の薬膳メニューと食材作用

昨日、15YAの秋の薬膳茶会を開催しました。
暑さと乾きが同居する初秋の薬膳料理を作って、食べて、和気藹々。

では、今回のメニューと食べ物が持つ作用を少し紹介します。

豚肉スペアリブ・山芋・白木耳スープ

豚肉スペアリブ・山芋・白木耳スープ

続きを読む

麦茶を最も美味しくいただける季節は?

この夏も、”麦茶”にお世話になりました。
朝晩は涼しくなってきましたので、そろそろ、そろそろねぇ。

麦茶(大麦)の性質は「涼性」
麦茶は、暑熱をとるので、夏の体に合います。
麦茶を最も美味しくいただける季節は”夏”と、覚えておきましょう。

続きを読む