ふと気がつくと、小さな雲はぷかり浮かんでいたりする。くっついたり、はなれたりしなから姿を変え、この空を覆ってしまうこともある。重なり合って、おひさんをさえぎることもある。けれど、雲はそこでじーっとできない性分。ほおっておくとなくなっている。あるのはいつもこの晴れやかな空ひとつ。

晴れやかな空はいつもある。