病気を持っても…

「私、お肉が食べたいから…カツ丼をいただくわ。」
こう言って注文をしたのは、もうすぐ80歳になる女性。料理を待ちながらこんな話…。

「年をとると忙しくなるのよー。
朝は髪や顔のマッサージでしょ。目には目薬、鼻には鼻薬(笑)。シミやシワもちょっとは隠したいじゃない(笑)。歯磨きだって、隙間のお掃除もしなくっちゃ。それが済んだら肩に湿布。膝にはサポータでしょ。

カーネーションの花言葉:無垢な愛


少し前まではチャチャチャと数分で済んでいたことが、今は1時間かかる(笑)。仕度の前にトイレをすませて、仕度の後にもトイレ。何しろ朝仕事が多くなっわたね(笑)

そうそう、荷物も増えたわよー。
あの薬、この薬、それから湿布。冷えないように上着を用意して、暑すぎてもよくないから半袖も。それから水筒~。あれよあれよでバックはパンパンで、腕パンパン(笑)。

年をとってみないと、わからないことってあるのねー。おもしろいわよー、年をとるって(笑)。

やりたいこと?まだまだある。100歳まで生きても足りないんじゃないかしら(笑)。

私、脳梗塞したでしょ~。今は、お陰さまで体と折り合いをつけながらも元気にすごせている。ありがたいな~って思う。もし、病気をしからといってジーーーッとしていたらここまで元気にはなれなかったかもしれない。動くってダイジよ~、ダイジ。

病気をもっても元気にすごしている人、私の身近でも何人もいるんだけど…。えっ、あの人がガン、この人もガン?!っていうぐらいにガンを持っている人が増えた。今は数人に1人はガンを持つっていうから、他人事じゃないけれど、不治の病ではなくなってきているなぁって思う。早期発見はダイジね。それから、元気に体を動かすこと、眠ること、食べることはダイジ。

睡眠?私より若い人でも眠れないとかトイレに何度も立つって聞くことはあるけれど、私はそういったことはないわねー。お布団に入ったらバタンキュー(笑)。こういったことも、年齢だからうんぬんじゃないと思う。ひとりひとり違うでしょ、暮らし方も、体も。

私の寿命が何歳まで定められているのかはわからないけれど、生きられるだけ生きる(笑)。だって、生きているうちよ~楽しめるのは(笑)」

人それぞれに山があれば谷はある。努力した結果が今なら悔やまなくていい。胸をはっていい。私はそう思う…と、太陽のような女性の話は尽きなかったんだけど…元気な人といると、こっちまで元気になる。私もまだまだこれからね(笑)