むくみ取りにモロコシ

伯母からモロコシがたくさん届きました。
今がおいしい季節でので、モロコシのことを紹介します。

皮はラップのような役割も

皮はラップのような役割も

モロコシのプチッとかわいらしい黄色の部分は、いのちそのもの…種です。何層にも重なった皮は、暑さや雨から種を守っているのですが、調理をするときにも大活躍。火が急激に入ったり甘みが外へ出るのを防いでくれます。茹でたり、蒸したり、焼くときは、皮を何枚かつけたまま調理をすると甘みをギュッと楽しめます。

まんまるふっくら甘みがいっぱい

皮付きで蒸すと、まんまるふっくら甘さいっぱい

<皮つき蒸し方>
鍋に水を入れ火にかけます。湯気が立ちのぼってきたら皮つきモロコシを並べ、中火で4,5分したらザルにあげます。皮をはいでいただきます。(時間は、モロコシの大きさや鍋の大きさ、火加減によって多少異なります。)

食べるときは、塩を軽く降ったり、塩気のものといただくとさらに甘みが引き立ちます。

私の田舎では、土が溶岩に覆われているためお米や野菜が育ちにくく、モロコシを主食にしていた時代がありました。モロコシが甘くて、食べるとお腹が満たされるのは、糖質、タンパク質が主な成分だからです。昔と比べると土の栄養もずっとよくなっているので、味はおいしくなっています。ビタミンなど増えている成分も多いんですよ。

モロコシは、むくみを防ぐ薬として用いられることがあるように、利尿作用があります。湿度の高い日本の夏の暮らしには、ありがたい野菜です。