バランスのよい「家ごはん」とは?

食べモノがあって、食べることができて…。当たり前になると、何かを忘れてしまうことがあります。思い出そうとしても、情報などが壁になって、いつしかそのことさえケロリと忘れてしまう。そんな頃、おそらの仕業なのかしらね…出会うんです、忘れモノをきづかせるできごとに。

食べることが満たされると、次に気になるのは健康ではないかしら。すると、栄養はどうかな?どんな作用があるのかなってことになります。これは、とてもいいことだとわたしは思うんですね。食べたモノは、体の血肉となって、体とこころを作っているんだもの。
役に立つことはあっても邪魔にはならないない知識なら、身近においてもいいんじゃないかな…。

【家ごはんはバランスよく】
自分や家族の体とこころをつくる「家ごはん」。お天気や体調に合わせて、加減したり味付けを変えられるのも、「家ごはん」だからできること…。

穀物(すべての穀類、いも類、豆類)
一日の食事は「穀物」からはじめます。穀物は、消化吸収しやすく、気を補います。(炭水化物、ミネラル、カルシウムなど)

果物(すべての果物、種実)
お昼のとき、またはおやつにいただきたいのは「果物」。体の働きを補い、うるおします。(ビタミン、ミネラル、カリウム、鉄分など)

旬の野菜
毎食いただきたいのは「お野菜」。消化吸収をよりよくし、流れをよくして余分なものを体の外に出します。(たんぱく質、ビタミン、ミネラル、カリウム、カルシウム、鉄分など)

魚、肉(すべての魚、肉)
動く力、支える力、保つ力をつくるのは「お魚・お肉」です。季節や体調に合わせ、調理法も選んでいただきます。たんぱく質、鉄分など)

子どもたちも、食べモノのお話になると真剣な顔をして聞いています。「わかった!」ことは、誰かに話したくなっちゃって…。その顔はちょっと鼻高でうれしそう。

⇦「食べるコト」に戻る