こんなとき、何色のモノを食べる?

食べモノの色を五つに分けてみると、同じ色のグループにはこんな共通点があります。こんなときは何色のモノを食べると調うのか…参考にどうぞ。


あお色
緑色のものは、いらないものを外に出す、流れをよくします。体力のある人のデトックスとしてもおすすめです。
*色が濃くて甘いものは、血を補う働きもあります。
*胃が弱っているとき、下痢をしているとき、冷えているときは控えます。
〔セロリ、せり、明日葉、ほうれん草、小松菜、春菊、三つ葉、レタス、緑茶など〕

あか色
貧血や若白髪の多い人は甘くて赤色のものを、生理不順やしみ、静脈瘤などめぐりをよくしたいときには、赤くて辛いものを取り入れてみましょう。
*妊娠中は、赤くて辛いものは控えます。
*舌が厚い苔(白い)があるときは、赤くて甘いものは控えます。
〔甘いもの:クコの実、クランベリー、なつめ、人参、えび、マグロ、血合いの多い魚など/辛いもの:サンザシ、ばら、紅花、ワインなど〕

あか色いっぱい 活血デザート
あか色いっぱい 活血デザート

き色
胃が弱っているときや筋肉がたるんできたときには、まずはご飯をしっかりいただきましょう。っというのも穀物はき色グループで、消化や吸収をよくして、代謝を調えます。〔穀類、大豆、納豆、味噌、芋類、柑橘類、トウモロコシ、かぼちゃなど〕

しろ色
空気が乾燥したり、皮膚が乾燥しているときに食べたい色です。肌荒れ、鼻の乾燥、切れ痔など体の乾きを潤します。大根、かぶ、はと麦、えのきなど〕
*冷えているときや生理痛のときに大切なのは、温めること。しろ色のモノは控えます。

くろ色
全ての色を含む「黒」くろ色の食べモノは、老化予防につながるといわれています。生理不順、更年期、骨や毛がもろくなってきたときにおすすめです。〔カニ、牡蠣、のり、こんぶ、黒ごま、黒豆、黒米、スッポンなど〕
*湿疹、ニキビ、舌の白コケが厚いときは滋養強壮の強いモノ(カニ。牡蠣、スッポンなど)は控えます。

⇦「食べるコト」に戻る