砂糖の特徴と付き合い方

”真っ白”は、魅力的?
白砂糖の原料は、サトウキビです。
この絞り汁を煮詰め固めると、まず”黒砂糖”ができます。黒砂糖から、不純物を化学薬品などで取り除き、塩酸や無機酸などを使って漂白したものが”白砂糖”です。白砂糖は、作る過程で自然ミネラルをそぎ落とすため、強い甘みがします。

アカシアの木

アカシアの木

外食と上手なおつき合いを
白砂糖は、ミネラルのそぎ落ちた…欠けのあるお砂糖です。
白砂糖を使うときは、野菜や果物(ミネラル)などと合わせると、欠けを補うことはできます。

ミネラルが欠けると…消化のたびに体のビタミンB1が使われます。
ビタミンB1が足りなくなると骨のカルシウムが使われ、ビタミンB1やカルシウムが足りない状態が続くと、脚気(カッケ)、手足のしびれ、反射神経の異常、食欲不振、下痢、骨粗しょう症、うつや感情の不安定など起こることがあります。

白砂糖は、他の砂糖と比べて安価なこともあり、白砂糖を使っているお店は少なくないでしょう。外食が続いて太ったという経験のある方もいるようです。外食と上手にお付き合いをしましょう。

糖の消化吸収のしくみ/糖の濃度
糖を車に例えてみると…糖はガソリンのうようなもので、私たちの体を動かす燃料のひとつです。
糖は、ご飯やパン・砂糖・蜂蜜などに含まれています。糖は、血に溶け込むと体のすみずみにまで運ばれ、エネルギーとして使われます。

糖の分解と吸収のしくみを、ネックレスに例えると …糖は真珠の玉のような形です。
ひとつ真珠、ふたつをつないだ真珠の指輪、いくつもつないだ真珠ブレスレット、ネックレスなどがあります。血に吸収される形は、ひとつ真珠。ふたつ以上の真珠がつながったものは、消化酵素によってブチブチ切られ、ひとつ真珠の形になって吸収されます。

糖の濃度は、インスリン(ホルモン)によって安定に保たれていて、余った糖は肝に貯蓄されます。(食後時間がたつと→血の糖濃度が少なくなり→肝(貯蓄)の糖が血に届けられ→使われます)


糖がエネルギーとして使われるまでの速さ:
真珠の玉の数によって決まり、数が少ないほど速く吸収されます。
・最も早く吸収される糖→ブドウ糖(単糖:玉1つ)/点滴に含まれる糖
・二番めに早く吸収される糖→二糖類(玉2つ以上)/砂糖原料のサトウキビ、てんさい糖の原料のサトウ大根、蜂蜜、果汁や乳汁がもつ糖
・ゆるやかに吸収される糖→多糖類玉(真珠のネックレスのよう)/米のでんぷんに含まれる糖

外食…たとえば和食は「前菜」、イタリアンでは「サラダ」を先に出されることがあります。
繊維のモノから食事を進めることは、血糖値が急に上がることを防ぐので、体の喜ぶ食べ方といえます。家ごはんでも、心がけてみませんか…

甘いものとも上手なお付き合い

甘いものとも上手なお付き合い

疲れると”甘いモノ”が食べたくなるのは、なぜ?
「疲れたときに甘いモノを食べたら元気が沸いてきた」…そんな経験はありませんか?
砂糖の糖は、吸収からエネルギーになるまでが速いので、食べるとすぐに元気が沸いてきた感じがします。速く吸収されることは、よいコト?

私たちの体は…糖が血に吸収されると(糖濃度が上がる)、脳は「インスリンを出して!」とすい臓へ指令を出します。インスリンが出動することで、糖濃度は保たれています。

糖の吸収が速いとどうなるか…。
インスリンは、大急ぎで出動し糖濃度を安定にしようとします。ことのきに糖濃度が急激に減ると、脳は「糖が急に減ったぞ!糖を補えーー!」と信号を送ります。なので、もっともっとと甘いモノを食べたくなり…ストップ!をかけないでいると、甘いモノの食べすぎによって、体は疲れます。
チョコっと食べて、体もいたわりましょう。

インスリンとは…
インスリンが足りなくなると、体に取り入れたものがうまく利用できず、血の糖度があがります。疲れやすい、気力が沸かない、ボ〜〜っとするなどの症状が現れます。

・参考:体調がいい血糖値目安 70~109mg/dl

*糖尿病は、予防できる病のひとつです。
ごはんを食べるとき、お茶の時間に甘いモノを食べるとき、まずは野菜やお茶、漬物など食物繊維のあるものをいただくと、糖の吸収はゆるやかなると現代栄養学ではいわれています。また、糖尿病は遺伝するといわれていますが、食事・活動・休息など暮らし方によって遠ざけたり軽減することもできる病です。

*食べすぎたなぁと思ったときは…

クヨクヨせず、体を使ってエネルギーとしてめぐらせましょう。

⇦「食べるコト」に戻る