あなたの体に合う味、調える味

味を食べる…ここでの「味」は、素材そのものが持っている味のことです。味を五つのグループに分けると、こんな共通点があります。あなたの体に合う味、調える味はどんな味かしら…


酸っぱみ/しぶみ(酸味・渋味)
老化による尿もれ、動くとすぐ汗をかく、慢性下痢、流産しやすいなど、とどめておく力の弱っているときの「もれ」を防ぎます。レモン・梅など/銀杏や栗の皮、落花生の皮など)
*風邪をひいて汗を出したいとき、むくんでいるので利尿が必要なときなど”外に出したい”ときは控えます。

にがみ(苦味)
解熱、解毒、通便、利尿など余分なものを外に出したいときは、「にが〜い味」をいただきます。猛暑の日や夏バテ、イライラしているときにもおすすめです。〔ゴーヤ、緑茶、ドクダミ、サンザシなど〕
*気力や体力がないとき、胃が弱っていたり下痢をしているとき、冷えているときは控えます。

あまみ(甘味)
よ〜くかんでいると感じる自然な「あまみ」。ホクホクするものはあまみを持つものが多くあります。気血を補い、胃腸の緊張をやわらげます。穀物・芋類・豆類・かぼちゃ・種実類・ベリー類・クコの実・鶏肉・牛肉・たまご・ごまなど
*胃腸がはってオナラが多いときは、控えます。

からみ(辛味)
イライラしたとき、なんとなくゆうつなときに、食べたくなるという人もいるのではないでしょうか。「からみ」は、気血の流れをよくすることで体が温まり、汗を出したり、発散させます。〔ネギ・生姜・ニンニク・玉ねぎ・しそ・みょうが・柑橘類の皮・唐辛子など
*空気が乾燥しているときや、体が乾燥しているとき(便秘・切れ痔・皮膚がカサカサなど)は控えます。

しおからみ(鹹味)
素材の味が塩っ辛い…どんな食べモノがあるでしょう?塩っ辛いといえば”塩”ですね。塩といえば…”海”です。しおからみの味のグループは、「ミネラルの豊富なモノ」と「繊維の多いモノ」の二つに分けて考えます。

・ミネラル豊富なしおからみのモノは、気力が湧かない(足りていない)ときにおすすめです。〔牡蠣・いか・かに・たら・なまこ・貝類・スッポンなど滋養強壮になる食べモノ〕
*風邪をひいたとき、急性炎症があるとき、胃がもたれるときは控えます。

・繊維の多いモノは、便秘や肥満、リンパの腫れやしこりなど出したいモノがあるときにおすすめです。〔昆布・ワカメ・のり・ヒジキなど)
*食欲がないとき、下痢をしているときは控えます。

⇦「食べるコト」に戻る