味と体のつながり

味というと…
梅干しやレモンは「酢っぱ味」、ゴーヤや緑茶は「にが味」、ごはんやお芋のようなホクホクものは「あま味」、生姜や香辛料は「から味」、昆布やワカメのように海のものは「しょっぱ味」…。
味をおおざっぱに分けると、この五つに分けることができます。

たくさん食べても、味が単調だとお腹が満たされなくて、なんとなーーく物足りないこと、ありませんか?けれど、味を味方につけると、ほんの少しの量でもお腹を満たすことができます。

味”は食欲を満たすだけではなくて、体のバランスもとります。
あまり難しく考えずに、いろいろな味を食卓にどうぞ。

参考として、味とその作用を紹介します。

「酸っぱい/渋み」:漏れを防いただい、引き締めます。
(お酢・レモン・梅など/「渋み」;渋皮(くり・銀杏・落花生・おこげ・いぶしたものなど)
→風邪をひいて発汗が必要なとき、むくみがあるとき(利尿が必要)、デトックスが必要なときは控えます。

「苦い」:解熱・炎症を抑えます。乾かすはたらきもあります。
タンニンが多いもの、にがうり・山菜・緑茶・どくだみ茶・タンポポ茶・クチナシの実など
→体力や気力がないとき、冷えているときは控えます。

「自然な甘さ」:気と血を充実させ、緊張をゆるめ痛みを取ります。胃腸にやさしい味です。
(お米やお豆・お芋・かぼちゃなどホクホクする物、ベリー類、カシス、サクランボ、鶏肉、牛肉、卵など)
→肥満の人、糖尿の人、ガスがたまっているときは食べるのを控えます。

「淡い味」:むくみ、尿が出にくいときなど、体力を落とさず利尿を助けます。
(あっさりした味・冬瓜・白菜・ゆば・はと麦・トウモロコシのヒゲ・白身魚(光っていないもの)など)
→口が渇いたり、ドライアイ、肌荒れ、乾燥便秘など、乾燥の症状があるときは控えます。

「辛い」:気と血めぐりをよくし発散、発汗、気血を促します。
薬味(唐辛子、ネギ、生姜、しそ、ミョウガ、柑橘類の皮)・香草・ハーブ・玉ねぎ、にんにく・のびるなど。
→乾燥する秋や、体がカサカサ(乾燥)しているとき、出血しているところがあるとき、切れ痔のときは控えます。

「しょっぱい」:しこりをやわらげ、痰を切ります。体の外に出すのを助けます。滋養強壮。
(イカ、カニ、エビ、ナマコ、カキ、スッポンなど海のもの/コラーゲンやミネラルの多い海のもの/
(昆布、ワカメ、ひじき、のりなど繊維の多い海のもの)
→風邪や下痢、胃腸の調子が良くないときは控えます。

その他の味として
「甘酸っぱい」;体を潤します。
イチゴ、スイカ、ナシ、すもも、柿など果物
→冷えているとき、下痢をしているときなど、体力気力のないときは控えます。

●味をいかす組み合わせ
・すっぱさをいかす…「塩辛み」+「すっぱみ」・苦さをいかす…「すっぱみ」+「苦み」・甘さをいかす…「苦み」+「甘み」・辛さをいかす…「甘み」+「辛み」・塩辛さをいかす…「辛み」+「塩辛み」

●味をおさえる組み合わせ
・すっぱさをおさえる…「辛み」+「酸味」
・苦さをおさえる…「塩辛み」+「苦み」
・甘さをおさえる…「すっぱみ」+「甘み」
・辛さをおさえる…「苦み」+「辛み」
・塩辛さをおさえる…「甘み」+「塩辛み」

●体の消化吸収を助ける食べ合わせ
・「お魚(タンパク質)+大根おろし(ビタミンC)」
・「お肉(脂質)+野菜(ビタミンA)」
・「ご飯(パン・麺類)やイモ類(糖質)」+「ゴマ・糠漬けなど (ビタミンB1) 」
・「ゴマ(カルシウム)+干物(ビタミンD)」

・ケの日、ハレの日
・家ごはん
・一物全体
・体と食べもの色合わせ
・味と体のつながり
・季節と家ごはん
・調味料の選び方

・噛むことは元気をつくる
・塩の特徴と使い方
・砂糖との付き合い方