季節と家ごはん

我が家の小さな庭でも、花たちがバランスをとりながら暮らしています。
お天気や季節で花の様子は変わりますので、水やりも変えてゆきます。
それは、私たちの体も同じです。
季節と体の様子に合わせて、食べ物や調理を変えてゆくのはごくごく自然なことです。

春の家ごはん
体の大掃除の季節です。
香りのあるものや苦味のもので、冬にたまったものを外に出しましょう。
春のもので春の陽気補い、血を養います。

・香りのあるものは、気持ちを穏やかにするものもあります。
春菊、柑橘を料理に散らすのもいいです。
ミントやジャスミン、カモミールなどのハーブもどうぞ。

・山菜、ドクダミ、緑茶など…苦みは、化膿や鎮静するはたらきがあります。
解熱や炎症、吹出物があるときにも役立ちます。

【調理】和える、蒸す、煮る、汁物など
*揚げ物は控えめに。
*味付け:さわやかなさっぱり味は、春の味と香りをおいしくします。

夏の家ごはん
ほてりを冷やし、水気を保ちたい季節です。
トマト、きゅうり、ゴーヤなど、みずみずしい夏の野菜が旬を迎えます。
ひやむぎ、お蕎麦、寒天は、体にたまった熱をとります。
*冷たいものの食べすぎは、冷えのもと。胃腸の調子を崩すので注意しましょう。

【調理】サラダ、和える、蒸す、発酵、スープなど
*体が冷えているときは、温かいものをいただきます。
*胃腸に冷えを感じるときは、香辛料を少し加えます。
*夏バテのときは、焼き物や揚げ物は体力を消耗するので控えます。

梅雨の家ごはん
水気のめぐりをよくして、体を軽くしたい季節です。
・穀物、いも、大豆類、はと麦、小豆、エンドウ豆などは利尿作用があります。
・生姜、こしょう、唐辛子など辛いものは汗をかかせて体を軽くします。

【調理】煮る、蒸す、炊き込む、スープ、発酵など
*甘いもの、油っこいもの、アルコールは水気と合わさる胃腸の調子を崩すので控えめに。
*水気の多い季節ですので、生野菜サラダや冷たいものは控えめにしましょう。

秋の家ごはん
夏の疲れをとって、秋の乾燥から守るためにも体をうるおしたい季節です。
・夏疲れの体は、きのこ、白身魚、いも、豆、発酵もので調えましょう。
・体をうるおすのは、水っぽいものです。みずみずしい野菜や果物、
オクラのようにネバネバするもの、山芋のようなトロトロものを召し上げれ。

【調理】和える、スープ、蒸す、煮る、ゼリーなど
*激辛のものは、汗をかいて体を乾燥させますので控えめに。
*咳があるときは、カニ、青み魚、糖分は控えます。

冬の家ごはん
体を温め、気力や体力をつけながらも、めぐりを保ちたい季節です。
・豆、いも、もち米は気を補います。香辛料は体を温めます。
・辛くて香りのあるものは気をめぐらせます。
・青み魚や種実は血を補います。
・牡蠣、イカ、スッポンなど滋養強壮にどうぞ。いただくときは、
お酢やレモンなど酸っぱいものと一緒に食べると、胃腸にやさしいです。

【調理】蒸す、煮る、なべ物、オーブン焼き、スープ、薬酒など
*青汁など苦味のものは、体を冷やすので控えましょう。
*冷たいジュースやビールは、胃腸を冷やし体調を崩しますので控えめに。

・ケの日、ハレの日
・家ごはん
・一物全体
・体と食べもの色合わせ
・味と体のつながり
・季節と家ごはん
・調味料の選び方

・噛むことは元気をつくる
・塩の特徴と使い方
・砂糖との付き合い方